逆援助交際を欲する肉食系女子に結びつく男性とは

逆援助交際を欲する女性の多数を占めると言われる肉食系女子と、そのタ-ゲットとされる草食系男子との相性に関しては、既述の通りですが、今回は、逆援助交際を求める肉食系女子に結びつく男性とは、一体どんなタイプなのかを、更に掘り下げて検証してみたいと思います。

ルックスにも自信が無く、これといったアピ-ルポイントも思い浮かばぬ男性と、地位も名誉も財産も有した肉食系のセレブやマダムとのコンビ。
これは一見、無理というか不釣り合いに思う方が多数だと思いますが、それがこの限りでは無さそうです。
逆援助交際を望む女性が見たしたいのは、心身の奥深く溜めこんだ性欲を満たしてくれる男性との出会いですから、確かにルックスが良い方がベタ-ですが、これが最優先の条件ではありません。

デ-タ的な話になりますが、世間で言われるイケメン(容姿端麗優秀)男性は、実社会では男性全体の中の2%と言われています。
これは実際に数値を測定した結果であり、その手法とは、実際に女性に街中でランダムにすれ違っただけの男性の第一印象で「抱かれたい」と感じたかどうか、の統計から導き出されたモノです。
あくまで瞬時の外見からのみの判断ですが、100人中僅か2人だけの男性にしか、性的欲求を感じなかった結果が出ているのです。

これだけで判断すると、2%のイケメン男性がヨの女性を独占してしまう事になりますから、草食系男子からすれば最早、女性との接点自体を期待出来ない風に思えますが、そうとは言えません。
外見や長所を補って余りある、女性を完璧に惹きつけてしまう方法が1つあるのです。
セックス=性行為、が「それ」なのです。

男と女のセックスという行為に際しては、女性から見れば相手の男は、誰が何と言おうと自分にとってはイケメンです。
自身が選んだ男は2%の中の男だと思い込みたいのが女性の性ですから、そこには現実のルックスも性格も関係しません。
事実、セックスプレイがセレブのお眼鏡に叶って気に入られている平凡な男性は大勢存在しています。
逆援助交際はセックスで攻略可能な男女の関係なのでうs。

夢と希望に溢れた完全無料逆援助サイト

逆援助というものを一度体験してしまったとしたら、これほどいい思いのできる仕事は他にない、と思ってしまうかもしれません。
それだけ、男性にとっては夢と希望に溢れたものが、この逆援助には詰まっているのです。
高額報酬をゲットすることも夢ではない、逆援助というシステムについてご紹介しましょう。

逆援助を仕事と呼ぶことは、少し間違いがあるかもしれませんが、お金を稼ぐことができるということには変わりありません。
逆援助でお金を稼ぐということはどういうことなのか、それはつまり女性とセックスをするということです。
セックスに飢えた女性は、ただ男性とセックスするだけでは飽き足らず、
自分を満足させるように命じられるために、お金を渡して強制的に納得させてしまうのです。

そう聞くとプレッシャーもあるかもしれませんが、男性としてはお金ももらってセックスできる、すばらしい状況なのです。
逆援助を求める女性は、そのためのサイトに集まって相手を探すことになります。
それだけいい思いをすることができる完全無料逆援助サイトでも、登録自体はとても簡単です。
出会い系サイトを使ったことがあるのであれば、数分かからずに登録をすることができるでしょう。
そして、女性と連絡を取って、相手に興味を持ってもらえれば、あとは会ってセックスするだけです。
美人も逆援助を求めることが多い世の中、こんなサイトがあることはまさに幸運といえますね。

逆援助をはじめた独身女性の体験談

これまで、気付けば仕事しかしていなかったような気がしています。
彼氏もまったくいたことがありませんし、仕事自体は楽しいのですが、人生というものに関してはどこか寂しさを感じているということも確かです。
最近、なんだか一人で食事をしているということに対して無性に空しさを覚えるようになり、このままではいけない、誰か相手を見つけなければ、というような使命感のようなものまで生まれてきました。
だからこそ、私は逆援助をはじめたといえるのかもしれません。
ここでなら誰かと出会うことができるのかもしれない、そういう思いから、とりあえず目に付く限りメールを送ってみることにしました。
すぐに何人かの人がメールを返してきてくれて、本当に嬉しかったのを覚えています。
そこで、メールをしているうちに仲良くなった男の子と、実際に会ってみるということになりました。
会うときは緊張していましたが、男の子の顔が見えた瞬間に、とても安心してしまいました。
とりあえず食事をするということになっていましたから、そのお金を用意していました。
食事代も私が払い、それとは別にお礼として男の子にお金を渡し、それからホテルへと直行しました。
その子のことがその時点でとても気に入ってましたから、もっとお金を出してもいいかも、というような気になっていました。
行為自体にもとても満足することができたので、さらに一万円を男の子に渡して、また会ってくれるようにお願いしました。
男の子は快く了解してくれましたから、また寂しくなったら呼んでみようと思います。